天竜二俣駅

植栽地紹介 / 013 天竜二俣駅

天竜二俣駅の花

天竜二俣駅は、英国園芸研究家の吉谷桂子先生による「ペレニアル・ガーデン」によって華やかに彩られます。「ペレニアル・ガーデン」とは、多年生植物を中心とした庭のことで、「ペレニアル=永続的な」という意味から生まれた庭のコンセプトを表しています。
 
→ 花の一覧へ
 
 
[アダプトメンバー]
◎株式会社 アセント
◎鹿島木材 株式会社
◎静岡県立天竜高等学校
◎天竜花の会
◎浜松北ロータリークラブ
 
→ アダプトメンバー 一覧へ
 

 
ペレニアル・ガーデン

天竜二俣駅の活動とようす

色付くペレニアル・ガーデン

2020年6月15日(月)

梅雨の季節を目前にして、「ペニアル・ガーデン」は、ひっそりとした空気に包まれていました。植物にとって雨は命の恵み。梅雨は大切な時間です。

 
 
 

ペレニアル・ガーデンのメンテナンス

2020年5月23日(土)

この日、「ペニアル・ガーデン」は、新しいシーズンに備えてメンテナンスが行われていました。背丈が伸びた葉の緑色が太陽の光を受けて輝いていました。

 
 

間もなくペレニアル・ガーデンのセカンドシーズン

2020年4月

「ペニアル・ガーデン」が新しいシーズンを迎えようとしています。4月のこの時期、花はまだなく、緑の葉で一面が覆い尽くされています。日差しが暖かくなる頃、新しい花と巡り逢えそうです。

 
 

花が満開のペレニアル・ガーデン

2019年7月

「ペニアル・ガーデン」の花が満開の時を迎えました。鮮やかな色に咲き誇った花は、背丈も伸び、夏の日差しを受けて強い生命力を受けたようにも見えます。ひとつひとつは、とても繊細で吸い込まれそうなほどの豊かな色彩を放っています。昨年の12月の苗植えから半年余りを経て、「ヘレニアル・ガーデン」は、今、最高の時間を過ごしています。

 
 

花が咲き始めた春

2019年3月

2019年3月の「ペレニアル・ガーデン」のようすです。背丈はまだまだ低いですが、花が咲き始めました。春の訪れを待ちわびていたかのようです。このあと、夏にかけて華やかな庭へと変身していきます。

 
 

植栽が行われました

2018年12月10日(月)・11日(火)

 「天竜二俣駅」の植栽は、2018年12月10日(月)と11日(火)の2日間、吉谷桂子先生自身とはままつフラワーパークのスタッフの手によって行われました。
植栽地は、多年生の花がグラデーション豊かに咲く日が楽しみです。
 

 
 
 
 

植栽地一覧(18ヶ所)

新所原駅から細谷駅まで、全部で18ヶ所を植栽地として選定。
各地をアダプトプログラムによって、植栽・メンテナンスしています。