寸座駅

植栽地紹介 / 005 寸座駅

寸座駅の花

寸座駅では、3月に見頃となる「スイセン」、5月から6月にかけて咲く「アナベル」、5月に青紫色の花をつける「シラーカンパニュラータ」を植えました。
 
→ 花の一覧へ
 
 
[アダプトメンバー]
◎寸座百寿会
◎浜松ハーモニーロータリークラブ
 
→ アダプトメンバー 一覧へ
 

 
スイセン
 
 アナベル
 
シラー・カンパニュラータ

寸座駅の活動とようす

手入れが行き届いたホーム

2020年5月23日(土)

5月23日(土)の「寸座駅」植栽地のようすです。花の背丈が伸びて、ずいぶんと華やかな雰囲気になっています。寸座百寿会さんの日頃の手入れが行き届いているようです。

 
 
 

春らしいホームの風景

2020年4月21日(火)

4月21日(火)の「寸座駅」植栽地のようすです。ホームが少しずつ春らしいいろどりになってきました。花の背丈はまだ低いですが、しっかりと育っているようです。

 
 
 

植栽活動を行いました

2020年1月25日(土)

 「寸座駅」では、1月25日(土)、地元の寸座百寿会と浜松ハーモニーロータリークラブのみなさんによって植栽活動が行われました。
 
「寸座駅」は、高台に位置する小さな無人駅。駅舎もなく、ホームに待合室があるのみ。それだけに地元のみなさんの愛着がつよう駅です。
今回は、「スイセン」と「アナベル」という白い花に、「シラーカンパニュラータ」という青紫色の花を植えました。
 
「寸座駅」がつくられた当時、寸座百寿会のみなさんは、小学校・中学校に通っていたようで、自分たちで土を運び、駅づくりに協力したようです。この駅ができたおかげで、ここから電車に乗ることができ、大変助かったようです。そうしたほのぼのとした愛着が植栽にもあらわれた1日でした。
 

 
 
 
 

植栽地一覧(18ヶ所)

新所原駅から細谷駅まで、全部で18ヶ所を植栽地として選定。
各地をアダプトプログラムによって、植栽・メンテナンスしています。