新所原駅

植栽地紹介 / 001 新所原駅

新所原駅の花

新所原駅では、「ヒナハチジョウ」「トキワマンサク」「野の花マット」を植えました。
天浜線の西の玄関口にふさわしく、庭園風のいろどりも加えられています。
 
→ 花の一覧へ
 
 
[アダプトメンバー]
◎ドコス 株式会社
◎株式会社 中村組 
◎ハマニ化成 株式会社
◎浜松西ロータリークラブ
◎社会福祉法人 花園福祉会 微笑こども園
 
→ アダプトメンバー 一覧へ
 

 
ヒナハチジョウ
 
 トキワマンサク
 
野の花マット

新所原駅の活動とようす

春の日差しの中で

2020年4月25日(土)

4月25日(土)の「新所原駅」植栽地のようすです。花はまだ見かけられませんが、「野の花マット」から葉が育っているのがわかります。
斜面の上に造られた「庭園」とともに、静かに成長を続けています。

 
 
 

植栽活動を行いました

2020年2月15日(土)

 「新所原駅」では、2月15日(土)11時から、約50名のアダプトメンバーによって植栽活動が行われました。
植栽地は、駅前ロータリーに面した約120㎡の斜度のあるエリア。転倒などに注意を払いながら約30分間、土を一旦掘り起こした後、「トキワマンサク」や「野の花マット」を植えていきました。また、はままつフルーツパークのスタッフによって、あらかじめ植えられていた「ソメイヨシノ」に土盛りを施し、十分に水を補給しました。
 
「トキワマンサク」は、湖西市内に静岡県天然記念物に指定されている群生地があり、毎年透明感のある白い花を咲かせています。湖西市を代表する花のひとつとして選定されました。
[野の花マット」は、季節に合わせた花野草を寄せ植えした植生マットで、やがて色とりどりの花が咲くことになります。
 
また、プロジェクト全体のプロデュース役である塚本こなみ先生の提案によって、「庭園風」のエリアが設けられ、石や砂利など一式を整えていただきました。これによって、「新所原駅」が天浜線の西の玄関口としてふさわしい顔になりました。

 
 
 
 
 

植栽地一覧(18ヶ所)

新所原駅から細谷駅まで、全部で18ヶ所を植栽地として選定。
各地をアダプトプログラムによって、植栽・メンテナンスしています。